防犯カメラを設置して迷惑な泥棒シャットアウト!

鍵

対策方法について

家

防犯対策とは何か。と考えると、もちろん言葉の意味では、「犯罪を防ぐための対策」ということになります。これを玄関先の三角形に当てはめて見るときには、「泥棒が侵入しない玄関づくり」というのが基本的には我々が目指す形ということになります。犯罪を防ぐということでいちばん良いのは、邪な心を持って他人さまの家に入ろうとする不埒者が警察の御用になることですが――自分の家だけでなく、地域や町、国、世界から犯罪がなくなる、ということこそ、真の言葉の意味での「防犯」と言えるからです。ただ、家の玄関に防犯対策を施す中において、なかなか地域全体や世界の防犯にまで効くような対策を講じることは難しい。少なくとも我々の家を守るためにはどうすればいいか、ということを、ここでは考えるべきです。そこで重要になるひとつのテーマは何かと言えば、「泥棒に諦めさせる」ということ。泥棒を追っ払うためにはバットをもって追いかければいいわけですけれど、たいていの泥棒は留守中や夜間に現れ、ゴニョゴニョ玄関をいじるわけです。どれだけいじっても開かない玄関。犯罪が筒抜けになってしまう玄関。そういう玄関を見ると、泥棒は侵入を諦める、と言います。家ひとつを泥棒から守るために、わざわざ武装する必要はありません、諦めさせるための対策を講じればいいのです、防犯カメラを設置したり、鍵の種類を防犯用のものに替えたり、ということだけで、じゅうぶんに「犯罪を防ぐこと」は実現できるのです。
防犯対策を行ないたいという方は、防犯カメラを設置してみると良いでしょう。

カメラの効果について

防犯カメラ

防犯カメラを設置することで何よりまず、「そこにある」というだけで防犯対策になると言われています。誰かに見られながら悪いことをする、ということほど愚かしいことはないと、誰もが知っています。

Read More...

選び方のポイント

一軒家

鍵紛失してしまった時は、鍵業者選びで失敗したくないですよね。鍵業者選びで失敗したくないという方は、どういう業者を選べば良いのかというチェックポイントを決めておくと良いでしょう。決めておくことで、自分に適した業者を選ぶことができます。

Read More...

侵入を防ぐために

ドア

きっちりと防犯対策を行ないたいのであれば、泥棒の侵入しづらい環境づくりというのが大切です。例えば、泥棒の侵入しづらい鍵を玄関のドア等に取り入れるというのも効果的です。

Read More...